インセンティブ

Incentives – インセンティブ 2017-02-28T15:27:46+00:00

経済刺激

1税制

2増税財務Tax Increment Finance TIF—地方再開発手数料は経済開発目的のために目標とする「割り当て領域」を呼べます。コロンバスの内にTIF割り当て領域が五つだって、その地域の新建設から生み出された固定資産税を控除して、その地域に投資して開発を促進することができます。これらの不動産税収入は、TIF債券の発行によって活用することができ、収入はその地域での開発を促進するためにも使用することができます。 州法によれば、TIF収入は、公共インフラ、土地取得、現場改善、およびその他の公共の改善に資金を提供するために直接使用されることがあります。 あるいは、TIF収入は、発行された、またはそのようなプロジェクトの資金調達のために発生した債券またはリース債務の支払に誓約することができる。 工業所有権、製造業、倉庫業、研究開発業、加工業、流通業、または輸送関連のプロジェクトに使用される償却可能な個人財産に対する税金のみが、TIF機構の使用に適格です。

3、経済発展所得税基金 (“EDIT” Fund) ー バーソロミュー郡の居住者は、賃金に0.25%の経済発展所得税を払う。 収集されたEDITドルは、郡内の地方政府によって共有され、これらの資金は合法的な目的のために利用することができます。 コロンバス市とバーソロミュー郡のEDIT基金の一部は、都市や郡内の例外的な経済開発プロジェクトを支援するインセンティブプールとして伝統的に脇に置かれています。

4、州からインセンティブ— コロンバス経済開発委員会のスタッフは、適格なインセンティブプログラムを追求する既存の企業や将来の企業を支援する用意が整っています。 より一般的なインセンティブツールの一部を以下に示します。

  • 経済成長のための経済開発税額控除EDGE特定の約束された雇用および給与支払約定に基づいて、会社のインディアナ法人税債務に対する返済可能な、業績ベースの信用である。
  • インヂィアナ事業投資税額控除 (HBI)—適格資本支出に基づいて、会社のインディアナ法人税負担を相殺するために、最大10年まで引き渡すことができる払い戻し不可能な税額控除が含まれています。
  • スキル向上基金(SEF)助成金—SEFグラントは、事前に承認された場合、会社が採用または再トレーニングのニーズに関連する適格トレーニング費用の最大50%を相殺するために利用することができます。
  • インディアナ・シャベル・レディ・プログラム—コロンバスは現在、州指定「シャベルレディ」サイトを保有しており、シャベルレディとして商業的に認知されているサイトの追加指定を進めています。 このプログラムは、サイトの立地を迅速化し、ビジネス開発のプロセスを許可することを認証することにより、事業のサイト開発の潜在的なコストを削減します。
  • インディアナ認定テクノロジーパークコロンバスには、ハイテクビジネスの誘致と成長を支援するツールとして作られた2つの州認定のCTPがあります。
  • 本社移転税額控除HRTC本社をインディアナ州に移転する企業に税額控除を提供します。 信用度は移転費用の半分に相当し、法人の州税負債に対して評価されます。

 

他の州からインセンティブとプログラム:

1、インディアナ代替燃料自動車製造業者税額控除

2、産業復旧税額控除

3、研究開発税額控除

4、ベンチャーキャピタル投資税額控除

5、特許の免除

6、研究開発売上税免除

7、産業開発助成基金

8、規制上のオンブズマン

9、中小企業イノベーション研究イニシアチブ

10、非課税の債券プログラム – インディアナ金融公社

11、資本アクセスプログラム