迎社会

Welcoming Community – 迎社会 2017-07-31T09:18:53+00:00

友好的で多様な社会

 

あなたと友達と家族は有難い気持ちを感じられるところを思い描いて下さい。次にこの所はアメリカ合衆国中西部に置いて思い描いて下さい。これは”Hoosier Hospitality” に比べて、とても同然です。(インディアナ州に住んでいる人は”Hoosiers”と呼びます。”Hoosier”は何ですか?その内答を説きます。)

今度一番感じった高級な持て成しは外人と種類豊富な人を迎える社会に置いた後で、インディアナ州のコロンバス市にいます。

私たちはコロンバス市が有効的な社会のイヂアについて真面目です。それから2004年にへりティジュフンド(私たちの社会の基金)は”Welcoming Community”と呼んだ計画を実行しました。この自由研究の感化の成り立ちは”The Rise of the Creative Class”という本です。”The Rise of the Creative Class”の作者はDr. Richard Floridaです。

この自由研究の目的は多様な人々のためにバーソロミュー県の有難いレベルを評価し、鮮やかなビジネス景況を生み出せて将来経済成長を促せる人が自由研究のフォーカスです。自由研究の結果をもらった後で、少ない改善点を見つけました。ゆえに、2011年に”Welcoming Community II”と呼んだ計画を立ち上げました。

2004と2011年計画以来、コロンバス市の有難いレベルを増えるために複数の他の試みも立ち上げました。へりティジュフンドやコロンバス市多民族団体(CAMEO)やコロンバス市のヤッピ団体(CYP)や他の団体と一緒に働けるために私たちとても有難いです。

 

コロンバス市が有効な社会の面白い事項:

  • コロンバス市の公立学校で1300人の学生は51特異な言語を話します。
  • コロンバス市の内に二番多い居住者集団はアジア人、2900人です。
  • ヒスパニックかラティーノ人はコロンバス市の人口の6.3%を構成します。
  • アメリカのすべての内でコロンバス市はH1-Bというビザがある人の結集が二番目です。1000労働者あたり14.6H1-Bビザがある人です。
  • 国際会社と外労働者を迎える市にとって、コロンバスがリーダーです。コロンバスに21日本と4ドイツと4中国と 一つはフランスやスイス、カナダから企業があります。コロンバスの国際会社共に6,000人を使います。
  • 1990年以来、コロンバスの人口は24.3%を増加して2012年に人口は79,129人です。
  • 国勢調査によると、2012年に人口は1,300人増加しました。1,300人の48%の理由は国産移住し、26%の理由は国際移住し、他の26%の理由は自然増加です。