インディアナ州コロンバス市は、各種の交通機関や物流ネットワークに迅速かつ簡単にアクセスできます。

インディアナ州コロンバス市を中心に、アメリカの人口の65%を抱える地域が、車で11時間のドライブ圏内となります。

国際空港

インディアナ州コロンバス市は、3つの国際空港の近くという便利な立地にあり、合計、毎日400便が出発しています。

インディアナポリス国際空港へは、55マイル(90km)で1時間以内の距離にあり、毎日145便が出発しています。ルイビル国際空港へは、78マイル(125km)で約80分以内の距離にあり、毎日85便が出発しています。シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港へは、83マイル(135km)で約95分以内の距離にあり、パリへの直行便を含む、毎日180便が出発しています。

これらの国際空港は、フェデックスの2番目に大きなハブ空港(インディアナポリス)、UPSの最大のハブ空港(ルイビル)、およびDHLの本拠地であるスーパーハブ空港(シンシナティ)として機能する、主要な航空貨物センターとなっています。

高速道路

インディアナ州コロンバス市からは、高速道路へのアクセスが良好です。

州間高速道路65号線の主な南北ルートは、コロンバス市に隣接しており、近郊の64号線、69号線、465号線、70号線、74号線とそれぞれ交差し、65号線の主要な出口より1.5マイル(2.4km)以内に、約750エーカー(3,035,142㎡)の工業用地を持っています。

鉄道路線

ルイビル・インディアナ・レールウェイにより、鉄道貨物のユーザーには、短距離路線サービスの利便性と柔軟性が提供されています。

これにより、内陸水路輸送システムのうち、最も急成長している港である、オハイオ川に沿ったポート・オブ・インディアナ(ジェファーソンビル)への接続、および州都であるインディアナポリスへの接続が提供されています。