海外からの直接投資に最適な地域

 

インディアナ州コロンバス市とバーソロミュー郡の一帯では、海外からの直接投資プロジェクトを支援する地域のリーダー的な存在として、これまで40年以上にわたり、Faurecia、NTN Driveshafts、Toyota Material Handling、Enkei、Dorel Juvenile Productsなど、多くの大手企業の進出を支援してきました。

 

この地域への海外からの直接投資の一番の源は、日本の企業です。これまで24社以上の日本の企業が、この一帯に進出しています。

国際的な事業の重要性を理解し、生産、エンジニアリング、および物流の強みを併せ持ち、さらに、進出を歓迎するコミュニティの存在は、世界中の企業がこの地域を選択する理由となっています。

成長するコミュニティ

コロンバス市のコミュニティは、他のアメリカ中西部のコミュニティには見られないほどの豊かな国際的多様性を提供しています。コロンバス市の公立学校では、1,300人の学生が54のユニークな言語を話します。

国勢調査によると、人口は過去5年間で3%増加し、ほぼ毎日、平均1家族の新しい外国人居住者が増えることを示しています。

コロンバス市が住みやすく、ビジネスを行うために、友好的で歓迎的な場所となっている理由の詳細については、当サイトの「ここに住んでいる」セクションと「歓迎するコミュニティ」セクションをご覧ください。

コミュニティのシスター・シティーと、フレンドシップ・シティーの関係については、コロンバス市のページをご覧ください。

コロンバス市の主要な雇用主、および国際企業の詳細については、以下の表をご覧ください。